北海道十勝・広尾町から獲れたて海の幸をお届けしています!

 

ご家庭の食卓に、ギフトに、お気に入りの味をお探しください

生干しシシャモ 【メス10尾・オス10尾】

価格: ¥3,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

twitter




シシャモは北海道の太平洋沖にしか回遊していません。ここ広尾町は北海道
十勝の最南端に位置する太平洋に面しています。小さな町の前浜は、言わば
シシャモのホームタウンです。水揚げから加工まで時間を極限まで短縮して
新鮮なまま一夜干しにしています。10月から11月の漁期で、近年では漁獲量が
少ないこともあり、本州の方にはなかなかお届けできないのが現状です。
みなさんが日頃食べているシシャモは、キュウリオや輸入品のカラフトシシャモ
(カペリン)と呼ばれている魚かもしれません。これらは、シシャモと似て非なるもの
別の種類の魚です。色、輝き、食感、風味、脂のり、小さな魚体に凝縮された旨み、
違いを確かめてくだい。卵のしっとり感を楽しめてあっさりとした味わいのメス、
栄養分を卵に送るメスに対して、自分の体に栄養分を全て閉じ込めているオスは、
脂ノリも良く濃厚な味わいで焼き上がりのホクホクとした食感を楽しめます。

メス、オス各10尾入りの20尾をセットでお届けいたします。
一番お勧めの食べ方は、焼きシシャモです。フライパンにクッキングシートを敷いて、
凍ったままのシシャモを並べて焼きます。解凍して焼くと旨みがドリップと一緒に
逃げてしまいますので、凍ったまま焼いてください。中火から弱火で焼いていきます。
いい香りと共にジュワジュワッと脂が出てきて徐々にシシャモの表面が乾いてきます。
このタイミングで身を崩さないようそっと返して裏側もキツネ色に焼きます。
あまり触らず、返すのは一度だけにするのがきれいに焼き上げるポイントです。
メスも同様に焼き、卵が硬くなったら焼き上がりのサインです。
頭から丸ごとお召し上がりください。焼きシシャモの他に、
フライ、南蛮漬け、アヒージョ、昆布巻などもお勧めです。
北海道広尾町の美味しい【生干しシシャモ】を是非ご賞味ください。

《原材料》 ししゃも  
《内容量》 メス10尾オス10尾、300g
《保存方法》 -18℃以下

■送料のご案内

北海道東 北関 東
信 越
北 陸
中 部
関 西中 国四 国九 州沖 縄
¥864¥1,080¥1,188 ¥1,296¥1,371¥1,6501,750¥1,940¥2,484






会社概要

会社成立 昭和58年11月1日


代表取締役 広尾町長 村瀬 優

広尾旬鮮便は、広尾町、広尾漁業協同組合、広尾町農業協同組合で構成される第3セクターである(株)広尾産業流通振興公社が運営しています。広尾町の特産品や、広尾漁業協同組合食品部で加工された海産物をホームページで販売しております。

お得な情報

SNSにてお得な情報を発信していますので、チェックしてください



リンク





家具雑貨工房ki-kiru(きーきる)


カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ